越中おわら風の盆2022入場制限や混雑予想は?日程とチケット予約も!

[Ad]
お出かけ・イベント
お出かけ・イベントイベント地域情報
[Ad]

富山県八尾町(やつおまち)で毎年行われる越中おわら風の盆ですが、2020年から2021年まで2年連続で中止になりました。

注目の今年2022年はどうなるのか日程を確認してみました。

越中おわら風の盆2022は本祭のみ開催されるようですが、各町のステージの入場制限などの混雑状況や、今年特別に設けられる屋内外ステージのチケットの予約方法についても見ていきましょう。

「越中おわら風の盆【2022】町流し舞台踊りまとめ!町ごとの踊りの特徴も!」はコチラ
[Ad]
[Ad]

越中おわら風の盆20222入場制限は?混雑予想は?

初秋の風が吹く八尾のおわら風の盆は例年全国から25万人を超える人たちが集まります。

揃いの浴衣に編笠をつけ優美に舞う姿と胡弓が奏でる幻想的な風景は、まるで300年前にタイムトリップをしたかのような気持ちにさせられます。

2020年と2021年と2年連続で中止となった2022年の今年は3年ぶりに開催されます。

ただし、前夜祭が中止になり本祭だけの開催ということもあり、当日は相当の混雑が予想されます。

開催時間も例年よりも短くなり、町内に設けられるステージの入場制限もあるようですので、越中おわら風の盆の踊りを確実に見たい方はステージのチケットを予約するなど、対策を考えたほうがよさそうです。

越中おわら風の盆2022日程は?

まず、気になる日程をみてみましょう。

前夜祭は中止

おわら風の盆2022の日程ですが前夜祭は中止になりました。

例年では、越中おわら風の盆の前夜祭は毎年8月20日から8月30日までの11日間に行われます。

300年余り続く幻想的で優美な町内流しや輪踊りが毎日1町内ずつ行なわれるんですね。

今年も町内ごとの特徴のある町内流しが期待されましたが、開催は中止となってしまいました。

残念です!

おわら風の盆 例年の前夜祭の内容
日程:8月20日~30日
内容:毎晩1町内が町流しや輪踊りを行います(雨天中止)
場所:各町内
時間:20:00~22:00

本祭は開催

本祭は開催されます。

日程は9月1日から3日までの3日間です。

開催時間は次の通りです。

例年よりも始まりが遅くなっていますので、17時から19時までの夕食休憩はないものと思われます。

9月1日(木) 17時~23時
9月2日(金) 17時~23時
9月3日(土) 19時~23時

開催時間の制限をしながらの本祭だけとはいえ、越中おわら風の盆は3年ぶりの開催となりますので、町内の方はもちろん、毎年楽しみにしている地元の方々にとってはうれしい決定です!

越中おわら風の盆2022屋内外ステージのチケット予約は?

2022年の今年は越中八尾観光協会が用意する特別ステージで踊りを鑑賞することができるようになりました。

おわら風の盆は雨天中止です。

小雨でも中止になります。

高価な衣装もそうですが、三味線、胡弓、大鼓などの伝統的な楽器にダメージがあってはいけないからだそうです。

例年では八尾小学校に設けられていた演舞場で町ごとの踊りを見比べることができましたが、2022年の今年は演舞場での開催はなくなりました。

演舞場での開催がなくなった代わりに曳山展示管内ホールと曳山展示館前特設ステージで披露されるというわけです。

町流しは時間と場所がはっきりせず、どこで待っていればいいかわからなかったり、人混みが多すぎて身動きできず結局見られなかったという声もききます。

確実に演舞を見たいという方は曳山展示館内ホールか曳山展示館前特設ステージでの鑑賞をお勧めします。

曳山展示館内ホール(屋内)の日程と予約方法

日程と開場時間や開演時間は次の通りです。

日程 開場 開演 所要時間
9月1日(木) 16:30 17:00 約30分
18:00 18:30 約30分
19:30 20:00 約30分
9月2日(金) 16:30 17:00 約30分
18:00 18:30 約30分
19:30 20:00 約30分
9月3日(土) 17:45 18:15 約45分※
19:30 20:00 約30分

※八尾高校郷土芸能部の発表があります。

当日チケットはありませんので全て事前の予約が必要です。

8月1日から8月31日(団体席は8月25日)まで電話で申し込みができますが、人気がありますので早めの申し込みをお勧めします。

2022おわらステージ予約専用ダイヤル:070-4309-0493(平日9:00~17:00)
チケット代は次の通りです。
チケット代 席数 料金
SS席 20席 5000円※
普通席 230席 3000円
団体席 2000円

※おまもり天蚕まゆ付き

チケット代金は当日お支払いください。(団体席は事前にお支払いください。)

2日以内の陰性証明が必要とのことですが、問い合わせをしたところ、どうしても難しい場合は抗原検査キットでの陰性ということがわかる画像(キットの画像と結果の画像)をスマホなどで撮って入場時に見せてくださいとのことです。

曳山展示館前特設ステージ(屋外)の日程と予約方法

日程と開場時間や開演時間は次の通りです。

日程 開場 開演 所要時間
9月1日(木) 16:00 16:30 約30分
17:30 18:00 約30分
20:00 20:30 約30分
9月2日(金) 16:00 16:30 約30分
17:30 18:00 約30分
20:00 20:30 約30分
9月3日(土) 17:30 18:00 約30分
20:00 20:30 約30分

こちらは各回1500円です。

また、チケットは200席分で、当日チケットのみとなります。

雨天でも開催されますのでお見逃しなく!

予約はできませんので早めに会場へ行くようにしましょう。

越中おわら風の盆2022各町の町流しや輪踊りは何時まで?

今年の町流しは3日間とも23時までとなっていますが、それ以降の時間は各町の判断になる見込みです。

例年では深夜になってからもあちらこちらで情緒のある輪踊りや町流しが続きます。

なかでも胡弓が奏でる悠久の調べの中の、歌のない深夜の踊りは実に優美で幻想的です。

特に全国的に有名な胡弓奏者が町流しをする場合は、その胡弓を聴くためだけにおわら風の盆に来る人たちが大勢いるということもあるようで、大勢の方がゆっくり流れる素敵な時間を楽しんでいます。

情報によりますと、2022年の今年も若林美智子さんの演奏はみられるようです!

そんな町流しは明け方まで続き、始発便に乗る観光客を見送る「見送りおわら」で締めくくりになります。

始発電車に乗った観光客を30人近くの男女の踊り手がホームで踊りながら見送るというものです。

例年はこのように夜通しの踊りが行われていますが、今年は少し控えめの町が多いかもしれません。

越中おわら風の盆2022各町のステージでの演舞は?

例年開催される各町に設けられるステージでの演舞ですが、今年は各町の自主的な判断での開催となるようです。

八尾町観光協会に問い合わせたところ、「当日、各町の公民館で開催の有無やステージの場所を確認してください。」とのことでした。

東新町公民館 八尾町東新町4080
西新町公民館 八尾町西新町3962−2
諏訪町公民館 八尾町諏訪町
上新町公民館 八尾町上新町2679−1
鏡町公民館 八尾町鏡町998
東町公民館 八尾町東町2193
西町公民館 八尾町西町2281
今町公民館 八尾町今町1697−2
下新町公民館 八尾町下新町1344
天満町公民館 八尾町天満町6773-34
福島町公民館 八尾町福島80

まとめ

越中おわら風の盆2022は本祭りだけの開催となり、演舞の時間制限やステージへの入場制限がありますので、相当の混雑が予想されます。

気になる日程ですが、前夜祭は中止になりましたが、本祭りは9月1日から3日までの3日間に限られて開催されます。

各町のステージでの開催は各町ごとの判断とのことですので、当日公民館で確認するなど注意が必要です。

深夜や早朝まで見られた町流しや輪踊りも例年に比べて時間を制限する町が多いかもしれません。

確実に演舞を見たい方は曳山展示館が特設する内外ステージでの鑑賞がおすすめです。

屋内ステージのチケットは事前に申し込みができますが、屋外ステージのチケットは当日での申し込みだけになっています。

幻想的で優美な初秋の踊りを見ながら300年前の町の人たちの喜びに思いを馳せたい方は、混雑を前提に準備をしてお出かけください。

「越中おわら風の盆【2022】町流し舞台踊りまとめ!町ごとの踊りの特徴も!」はコチラ
「越中おわら風の盆2022交通規制や駐車場は?アクセス方法まとめ!」はコチラ


error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました